中性・無性・両性・不定性……4つの違いって何?

こんにちは、浅木です。
さて、今日はXジェンダーについて詳しく解説していきます。
前回の記事で簡単に紹介したXジェンダー。

性自認が中性・無性・両性・不定性の場合
あるいはそのどれでもない場合は
「Xジェンダー」と総称される、と説明しました。
では、そもそも中性・無性・両性・不定性とは何でしょう?

  • 中性:男性と女性の中間である性
  • 無性:男性と女性どちらでもない性
  • 両性:男性と女性どちらでもある性
  • 不定性:男性と女性が流動的に変わる性

簡単に図で説明するとこのようになります。

4つの中では特に「中性」と「無性」の区別が難しいですね。
中性は「男と女の中間に自分の性別がある」と考える人
無性は「そもそも性別がない、取り払いたい」という人
おおよそそういった意味だと考えてください。

無性

無性についてもうすこし詳しくお話しします。
「無性」とは文字通り「性別がない」、
つまり本人が同一性を感じる性別が存在しない、ということです。
おなじ「無性」を名乗る人でも、性質はその人ごとに
違ったものとなります。

  • 男でも女でもない。
  • 自分が同一性を感じる、つまり
    ここに属しているという意識を持つことのできる性別がない。
  • 「性別」という考え方をあてはめられること自体が苦痛
  • 「性別」がわかるものすべてを自分から取り払いたい

……など、本当に人によってさまざまです。

性別の正解は人それぞれ

「なんだ、ちゃんとした説明がないんじゃないか」と
感じた方がいるかもしれませんが、その通りです。
すべての人に、まるで公式のように当てはまる……
そういった正解はありません。

そんな正解のない世界で、
既存の性別に違和感を感じる、
自分が生まれた時に割り当てられた性別では
生きづらいと感じた人が、
「既存の枠に当てはまらなくても大丈夫」
「こういった生き方もある」と信じるため。

少しでも生きやすく、
その人自身の人生を楽しく生きるために
こういった新たな生き方や、
新しい性別の枠組みが発見されたのです。

性別について知る意味

ここまで読んでいただいた方なら何となくお分かりかと思いますが、
性別の話と一言で言っても、性別に関わることすべてを完全に理解し、
把握するのは容易ではありません。

というか、はっきり言って不可能です。
性別についての考え方は人によって千差万別ですし
研究や書籍などで一般的に正しいとされていることでも
ある人にとってはまったく役に立たないこともザラにあります。

大切なのは、目の前にいるその人自身を理解する、ということ。

知識なんてのは、ある人を理解したいと思ったときに
その人について知るための手段として調べてみる、
という使い方をしなければ結局役に立たないことが多いです。

性別に関する知識はもちろん、あった方がいいです。
ですが、自分の限られた知識に縛られて、
それだけをベースに、偏った物の見方を
目の前の人に当てはめるのはやめましょう。

たとえば。
僕も稀にこう言われることがあります。

「性同一性障害なんだね、大変なんだね、つらいでしょう」

こう言ってくれる気持ちはありがたいのですが、
言葉自体は正直「間違っている」と言えます。
何故なら僕は大変でもつらくもないからです。

確かに色々と不便なことはあります。
でも、性同一性障害=大変でつらい、というのは違います。
事実、そういう人もいるのかもしれません。
この障害をもつことで、大変で、毎日つらくて、しんどい。
そういう気持ちで生きている人もいるのかもしれません。

ですが現在の僕は違います。
毎日幸せでイキイキしていて、
今日の夕飯何にしようかな、なんて考えつつ
筋トレに励んでいる元気な人間です。

つまり、こういう言葉を僕にかける人は、
自分のなかの知識(障害をもつ人はたいへんでつらい)に縛られて
その知識を、目の前の僕にそのまま当てはめて声をかけている、
という事になります。

目の前の、現在とても幸せな僕自身を見ていないということですね。

ある人のことを「理解したい」と思ったのなら、
まずはその人自身の考えをよく聞きましょう。
何が好きで、何が嫌なのか。何をしたら喜ぶのか。
観察して、よく考えれば、その人自身が見えてくるはずです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク