胸をきっちり潰したい! おすすめの対処法を紹介

こんにちは、浅木です。
今回は、FTMにとって切実な悩みのひとつ
「胸の潰し方」について、実体験を踏まえて
お話ししようと思います。

胸を潰す方法はいくつかありますが、
今回は以下の3つの方法について
実体験に基づいて分析します。

  • ナベシャツを使う
  • タンクトップを重ねる
  • スクール水着(上)を使う

それでは順に見ていきましょう!

ナベシャツを使う(★五段階評価)

入手難易度 ★★★
潰れ具合  ★★★★★
暑い    ★★
苦しい   ★★★
動きづらい ★
見た目   ★★★★★

僕が最もお勧めするのはナベシャツです。
ナベシャツとはFTM当事者のために開発された、
胸をきっちり潰すためのインナーシャツです。

胸を潰すことに特化して製作されているため
潰れ具合はとても自然で、
運動をしてもズレることがなく快適です。
1枚3,000円~8,000円程度で、通販でも入手できます。

見た目も自然なものが多く、
普通の黒いタンクトップにしか見えません。
カラーバリエーションや形も豊富なので、
自分の好みに合わせて選ぶことができます。

ただ、中高生をはじめとした学生が入手するには
やや高い価格であることと
胸を潰すのに特化した形のものがあるため、
種類によっては家族の服と一緒に洗濯するのが難しい、
と感じる場合があるかもしれません。
(※うまく選べば、近くで見ても自然なタイプもあります)

ですが、価格の面を差し引いても
ナベシャツを使うのが最も負担の少ない方法です。

何を使うにしても、胸を潰すときに苦労する点は
暑い・苦しい・動きづらい、の3点です。
ナベシャツは胸を潰すにあたって
この3つの点をかなり軽減してくれます。
(※皆無になるわけではありません)

洗濯もできるので衛生的ですし、
激しい運動にも耐えるつくりになっているので
常日頃スポーツや肉体労働で
身体を動かす機会の多い人に
特におすすめしたい方法です。

タンクトップの重ね着(★五段階評価)

入手難易度 ★★★★★
潰れ具合  ★
暑い    ★
苦しい   ★
動きづらい ★★★★
見た目   ★★★★★

僕が中学生の時に使っていた方法です。
ナベシャツを買う金銭的余裕がなく、
胸もそこまで目立つ大きさではないときには
有効な手段といえます。

ナベシャツを着ていても常に付きまとう
息苦しさ、通気性の悪さからくる暑さなどは
ほとんど皆無ですが、
胸を潰すことはできません。


女性用の下着を付けると補正効果によって
どうしても目立ってしまう胸のふくらみが
目立たなくなる程度の措置です。

ただ、女性用の下着を着ることに抵抗があり、
なおかつ他の手段を講じられない場合は
この方法が最も現実的な対処です。

水着(上)を使う(★五段階評価)

入手難易度 ★★★★
潰れ具合  ★★★
暑い    ★★★
苦しい   ★★★
動きづらい ★★
見た目   ★

お恥ずかしながら、
僕が実際に高校生の時使っていた方法です。
学校で使っていたセパレート式の水着の、
上部分だけをインナー代わりに着用していました。

胸は「一応抑えている」という感じにはなります。
運動するときも、あまり胸の動きを気にせず
行動することができます。

ただ、着替えの時に見つからないよう
細心の注意が必要なことと、
洗う時に手間がかかること、
どうしても通気性が悪いことが難点です。

何枚も替えの用意できるものではありませんし、
精神的にも辛いものがあるので、
この手段で長く胸を潰し続けるのは
おすすめできません。

出来うる限りの手段を講じて、
ナベシャツを手に入れることを強く推奨します。

また、漫画などの影響か
「サラシ」で胸をつぶす、という方法も
たまに耳にするのですが、これはおすすめできません。

ずれやすいことと、丁寧に巻くのには時間がかかること、
まき直しが容易ではないことから、
日常生活で使い続ける手法としては不向きだからです。

まとめ

まずは「胸を潰すこと」に特化した商品である
ナベシャツを使い、なるべく快適に
日常生活を送るように心がけた方が良いです。

どうしても手に入らない場合には
他の手段を講じるのも手ですが、
その場合でも、日常生活を快適に過ごすため、
なるべく早くナベシャツを手に入れましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク