このブログについて

はじめまして。
当ブログ管理人の浅木 ユウです。

私はトランスジェンダー(FTM)当事者で、戸籍上の性別は女性です。
大学に入学するまでは女性として生活していましたが、
現在は大学でも、そして就職先でも男性として生活しています。

女性の身体で生まれた人間が男性として大学生活を送り、
就活をして就職するまでの間、
「あー、これ前もって知っておきたかったなあ」
と思ったたくさんのことを、ここにまとめていこうと思っています。

「どうやら友人がトランスジェンダーらしい」
「カミングアウトはしたほうがいいの?」
「自分の性別と向き合う方法が知りたい」
「FTMとかGIDとか用語の意味が分からない!」

などなど、自分や大切な人の「ちょっと変わった性別」をもつ側面と仲良くなりたい、
そんな人に向けたブログです。
性別にまつわるお話や、具体的な性別変更に伴う手続きの解説、
知っておくと楽になるかもしれない情報などをお届けしていく予定です。

最初に言っておきたいこと、2つ

ブログを読んでくださっている方に、
はじめにお伝えしたいことが2つあります。

  • トランスジェンダーでも就職できます。
  • トランスジェンダーでも人生面白くできます。

このふたつは、かつて私が一番不安に感じていたことです。
断言しますが、真実です。どっちもできます。

トランスジェンダーでも(もししたいのであれば)
誰かと恋愛もできますし
友人だって、素敵な仕事だって手に入ります。

気休めでも何でもない、事実です。

トランスジェンダーの就活

特に就活に関しては不安に感じている人も多いかもしれません。
インターネットにはいまたくさんの情報があふれていますが、
トランスジェンダーの就活に関する前向きな情報はまだまだ少ないです。

「自分の生きていきたい性別で就職活動はできるのか?」
「話しても受け入れてもらえない気がして怖い」

そんな風に感じている人に、
前向きで役に立つ情報をお伝えできればと思います。

私も去年就活を終えたばかりで、
来月からようやく新社会人になる身です。
就活中はやっぱり散々迷いました。

「性別欄どうしたらいいの?」
「いつカミングアウトしたらいいの?」
「もういっそ最初から履歴書にGIDって書いちゃおうかな」

などと色々に思い悩みつつ、
面接もしてもらえずにお祈りされて返ってくるエントリーシートと
ひたすらにらめっこする日々を過ごしていました笑

でも、大丈夫です。
現在はとても素敵な人事担当者さんのいる会社に
内定を頂いています。

私はFTMで、戸籍上は女性であるにもかかわらず
当たり前のように「男性新入社員」として迎える、と。
会社のトップである代表や専務にも承諾を頂いています。

ちなみに、業種はIT系です。
業界自体もまったくジェンダーに関わりのない場所ですが、
問題なく就職活動できました。

余談ですが、私が中学生の時に
「性同一性障害 就職」で検索をかけた時には、
ことごとく理解されず面接の場でこきおろされたり
そもそも履歴書をろくに読んでもらえなかったり
就職できてもジェンダーに関わりのある会社・業種だけ、
そういったこわーい情報が山のように出てきて、
ひとりで絶望した記憶があります笑

いまなら、「そんなことないよ!」って
大きな声で断言できるんですけどね。
ですので、もし同じような不安を感じている方が
いらっしゃいましたら、これからこのブログに投稿される
記事を見て、安心して就活に臨んでもらえたらと思います。

「この業界に進みたいけど、理解されるかわからない」
「GID(※性同一性障害の英語略称)について、
どう説明したら、正しく伝わるの?」

そういった疑問にも細かく答えていけたらと思います。
どこかで悩んでいるGIDの就活生の助けになれれば幸いです。

他にも、トランスジェンダーとして学生生活を送る際の
ちょっとしたコツや、公的な手続きについて、
実体験をもとにお伝えしていく予定です。

ブログの説明に関しては以上です。

初回なので大真面目に書いていますが、浅木本人は至って普通の、
ゲームが大好きな20代男子です。
都内の文系大学を卒業し、今年春から新社会人になる予定ですので、
これからは「トランスジェンダーの社会人」の実体験記事も
アップすることが出来ると思います。

こんな私ですが、
よろしければお付き合いくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク