人は誰でも3つの性別を持っているという話

こんにちは、浅木です。
今回は誰もが持っている3つの性別についてお話しします。

え? 3つもあるの?」とお思いの方もいるかもしれませんね。
実は誰でもこの3種類の性別を持っているんです。
その3つとは、

  1. 身体の性別
  2. 心の性別
  3. 好きになる性別

この3種類です。
それでは順に見ていきましょう。

身体の性別

英語ではセクシャル(SEX)と呼ばれる、身体の性別です。
生物学的・解剖学的な意味での性別のことです。

つまり個人の持つ生殖器の種類によって
男性・女性を区別する方法です。

(※この身体の性が曖昧な人たちが
性分化疾患の当事者ということになります)

心の性別

性自認・性同一性と呼ばれる、いわゆる「心の性別」です。

この心の性別と、身体の性別が食い違っていて、
なおかつ心の性別に身体の性別を
合わせたいと思っている状態が
性同一性障害(GID)です。

※ちなみに、トランスジェンダーの対義語で
シスジェンダー(シス)という言葉があります。
「身体の性別と性同一性が一致しており、
それに従って生きている人」のことです。

心の性別(性自認・性同一性)は身体の性別と関係なく、
男性・女性・中性・無性・不定性など
人によってさまざまな性質を示します。

ただ、トランスジェンダーが
「性的マイノリティー」に分類されることからわかるように、
性染色体が「XY」であれば性自認は「男性」
「XX」であれば性自認は「女性」となるケースが多いです。

好きになる性別

正確には「性的指向」と呼ばれるものです。
自分がどの性を恋愛対象とするか、という意味です。
主に6つの性的指向があります。

1.異性愛(ヘテロセクシュアル/ヘテロ)
自分と異なる性に恋愛感情や性的願望を抱く。

2.同性愛(ホモセクシュアル)
自分と同じ性に恋愛感情や性的願望を抱く。
レズビアン・ゲイがもつ性的指向。

3.両性愛(バイセクシュアル)
2つの性に恋愛感情や性的願望を抱く。
男女どちらも好きになる人はこれ。

4.多性愛(ポリセクシュアル)
3つ以上の性に恋愛感情や性的願望を抱く。
たとえば「男」「女」「中性」の人が好き、など。
トランスジェンダーや両性具ありの人も
対象に含める場合がある。

5.全性愛(パンセクシュアル)
どんな性の人にも恋愛感情や性的願望を抱く。
細かな定義はさまざまですが、
僕の言葉で、より正確に表現するなら
「人を恋愛的な意味で好きになる時に、
性別をまったく考慮に入れない人」です。

つまり「女だから好き」「男だから好き」という
性別による恋愛対象の選別をしない人。
よく見かける略称はパンセク。

6.無性愛(Aセクシュアル)
友愛は抱くが性愛を抱かない人。
「友達としてはいろんな人を好きになるが、
恋愛感情・性的欲求を抱かない」人。
よく見かける略称はAセク。

他にも対物性愛(物に愛情を抱く)
などが性的指向に含まれます。

3つの性別は変化する場合がある

心の性別、好きになる性別の2つは、
時期や当事者の状態によって一方からもう一方へ変化したり
流動的であったり、不定である場合があります。
Aセクだと思っていたけれど異性愛者だったり
性自認を男だと思っていた人でも
途中で女性に切り替わる場合もあるのです。
同じように身体の性別も不定の人が居ます。

「性別は生まれ持ったものから一生変わらない」
ということはありません。

自分の性別も、誰かの性別も
本当にいろいろなあり方が存在する、
ということを、頭の片隅に置いておいてくださいね。

実際に分類してみよう

では、人には3つの性があるとわかったところで、
実際に自分がどんな性別を持っているのか分類してみましょう。

たとえば僕の場合は

  • 身体の性別は女性
  • 性同一性(性自認)は男性
  • 性的指向(恋愛感情を抱く対象)は女性

ですので、まず身体の性別と性同一性が食い違っています。
ここで僕は自分の性別に違和感をもつ人、
すなわち「性別違和」を持つ
トランスジェンダーということになります。

そして僕は身体の性別(女性)を
自分の性同一性に合わせて、男性に変えたいと思い
そのための治療も望んでいますので、
性同一性障害(FTM:Female To Male)です。

また、僕の性同一性は男性で、
性的指向(好きになる対象)は女性ですので
性愛の面から見れば、僕はヘテロセクシュアル(異性愛者)です。

ただ、このヘテロセクシュアルという分類も、
僕(FTM当事者)を肉体的な側面から見てしまえば
女性の身体を持った状態で、女性に恋愛感情を抱くので
ホモセクシュアル(同性愛者)とみなすことも出来てしまいます。

※実際に性的指向について考える際には
本人の「性同一性(性自認)」が重視される傾向にあるため
FTM当事者の性的指向が女性の場合、
たいていは異性愛者(ヘテロセクシュアル)となりますよ。

いかかでしたか?
話せば話すほど複雑になっていきますね笑
ですが、それほどまでに奥が深いのが
性別にまつわる世界です。

その難解な世界を理解するのに
少しでも助けになる情報を
これからも発信していきますので、
お付き合いの程、よろしくお願いします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク